​グリンクリエーションズ

ブログ

タイプ別オススメのスタイリング剤


美容室でのスタイリング

スタイリング剤にもさまざまな種類があり、タイプ別によって特徴や魅力が異なります。もとめるスタイリングに合わせて選んでいきましょう。


少し前まで、スタイリング剤と言えばワックスという印象がありましたが、最近ではオイル系が主流になってきています。


関連記事 ジェミールフランのオイル系の仕上げ剤


しっかりスタイリングにしたい人はヘアワックスを、ツヤ感やウェット感を出したい方は、ヘアオイル、ヘアバームを選ぶと良いでしょう。


ヘアワックス テクスチャは多様で、クリームタイプ、、ファイバータイプ、ジェルタイプ、スプレータイプ、ムースタイプ、エマルジョンタイプがあります。


関連記事 いろいろなタイプのヘアワックス


ワックスは乾いた髪になじませます。


ぬれた髪につけると髪が重くなってしまうので注意してください。


束感や毛先に動きを出すのにおすすめです。


ヘアオイル 油を主成分としたものです。


髪の滑らかさや柔軟性を与え、まとまりやすくするために使われています。


アルガンオイル、オリーブ油、ホホバ種子油、シードオイルなどが使われます。


最近では、天然オイルをベースにつくられたヘアオイルは髪だけでなく、全身に使える物もあります。


液状で、サラッとした軽めのオイルとしっとりした重めのオイルがあります。


成分にダメージを補修してくれる成分が入っているものもあります。


ツヤを出すのが抜群で、髪の毛のパサつきを抑えるのに向いています。液体であることもありスタイリング力は低めです。


関連記事 『OLAPLEX』NO7オイルトリートメント


関連記事 oggi ottoセラムCMCオイルの特徴


関連記事 モロッカンオイルトリートメント


関連記事 ヘアアイロンを使う人におすすめのアイテム、リファロックオイル


手を汚さず使用できるスプレータイプになっているものもあります。


関連記事 oggi otto ボタニカルリッチオイルスプレー


ヘアバーム オイルよりもキープ力があるもののワックスよりもナチュラルで、軽く程良いキープ力があります。


ミツロウなどの脂質を原料にした、半固形状のスタイリング剤です。


オイル系の原料なので、少量でツヤ感がでて、多めに付けると濡れ髪質感をだすことができます。


植物由来の成分が多く配合されているので、全身にも使えるものが多いです。


ワックスほどのスタイリング力はないですが、髪の毛の広がりを抑えたり、柔らかくスタイリングしたいという方に向いています。

関連記事 【オー・バーム】リップ.ハンド.ヘア


関連記事 oggi ottoボタニカルリッチバームの特徴


関連記事 ジェミールフラン 「メルティバターバーム」の特徴


自然なスタイリングでヘアケアをメインにしたい人はヘアクリーム、ヘアミルクがおすすめです。


ヘアクリームは、油性成分を乳化させて使いやすくしたもの。

髪のなめらかさ、柔軟性を与え、まとまりやすい質感に整えます。


オイルやバームよりも軽い仕上がりになります。


関連記事 【O ・ CREAM 】リップ.ハンド.ヘア


ヘアミルクは、クリームより粘度が低いのが特徴。


髪をしっとりと保湿し、乾燥によるボリュームなどを落ち着かせたい人におすすめです。


関連記事 oggi ottoセラムCMCミルキィの特徴


ジェル 粘性のあるジェル状の水性スタイリング剤。


べとべとするのが苦手、カチッとかためたい人におすすめです


強い整髪力があるものがほとんどで、毛流れ、立ち上げ、タイトにセットするのに適しています。


濡れた状態に付けると濡れ髪のようなヘアになります。つけたあとに乾くとカチッとかたまります。


自然乾燥だと乾くのに時間がかかりますが、

最近はムースタイプのジェルもあり、このタイプだとすぐに乾いてかたまります。



ヘアムースは、泡状のスタイリング剤。髪に浸透しやすい特徴を持っているので、濡れた髪にも乾いた髪にも使えます。


パーマをかけた髪にはおすすめです。


ヘアスプレーは、霧状に噴射するスタイリング剤です。


アップヘアや巻き髪ヘアなどでヘアスタイルをしっかりキープしたいという時ホールド力があるスプレーはオススメです。



関連記事 食べても安全なスタイリング剤


★GRIN CREATIONS★

島根県益田市有明町2−2

TEL:0856-32-9555